« チサンホテル浜松町の朝食 | トップページ | 「おがさわら丸」父島に向けて出航。 »

小笠原諸島の父島に向けて「おがさわら丸」に乗船

宿泊していた浜松町にチサンホテルをチェックオウトして向かった先は竹芝客船ターミナル

O02

タイトルにも書いた通り、小笠原諸島の父島に行くことになり、ここから「おがさわら丸」に乗り込みます。

おがさわら丸は通称「おが丸」と呼ばれるそうです。


O03

10時乗船開始で11時の出航し、父島に着くのは翌日の11時。

なんと24時間の船旅です。

ターミナルには島民専用の控室があるんですね。

O04

空港がない父島では島民にとって「おがさわら丸」が本土と島を結ぶ重要な交通手段

控室だけでなく料金も島民割り引きとか優遇されているんでしょうね。

ちなみに一番安い2等和室(今回はもちろんこれです)で片道22,520円

往復のフェリー代と旭川・羽田の往復航空運賃、さらに東京前泊のホテル代を合わせると

海外いけるぐらいの費用になりますね。

ターミナルに少し早く着いたので売店でお買い物

O08

限定の2文字に弱い自分は、もちろんお買い上げ(笑)


O09

期間限定の「小笠原パッション直搾り」

他にお酒のおつまみともう1本缶のハイボールを購入(飲む気満々)


O05

そして、ここでしか販売していないという「島島弁当」を購入

11時に出航したらすぐお昼なので、これを買って船内で食べることに


O06

船を型どった入れ物にはいったべっこう寿司


O07

そんなことをしているうちに、「おが丸」乗船の時間になりました。


O10

いざ1000キロ南の島、父島へ

続く・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

« チサンホテル浜松町の朝食 | トップページ | 「おがさわら丸」父島に向けて出航。 »

観光・体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/64778107

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原諸島の父島に向けて「おがさわら丸」に乗船:

« チサンホテル浜松町の朝食 | トップページ | 「おがさわら丸」父島に向けて出航。 »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.