« 小笠原諸島の父島に向けて「おがさわら丸」に乗船 | トップページ | 「おがさわら丸」での過ごし方。と言っても飲むだけだけど(笑) »

「おがさわら丸」父島に向けて出航。

いよいよ「おが丸」こと「おがさわら丸」に乗船

O01

想像していたよりかなり大きい船です。

昨年の7月に船が新しくなったそうで、

三代目となる新おがさわら丸は

全長    約150メートル(2代目131メートル)
総トン数  約11000トン(2代目6700トン)
旅客定員 892名(2代目769名)

そして、今まで父島まで25.5時間かかっていたのが24時間と1時間半短くなったそうです。

O02_2

そして、これが今回の2等和室。

事前にネットで調べたら前の船の情報がほとんどで、「まるで難民船」とか書かれていましたが

それよりは良くなったようです。

具体的には頭の部分に仕切りがあったり、頭の上に荷物を置くスペースがあったり

まあ、そんな事で快適とは言えないまでも、追加の料金を払うことを考えたら我慢できるレベルかと

今回の部屋は2デッキで一番船の下のフロア

荷物を持って乗船口のある4デッキから降りるのは大変でしたが

揺れが少なくて良かったかも

O03_2

荷物を自分のスペースに置いたら、8デッキの屋外に出ました。


O04_2

天気が良かったので、少し肌寒い程度で海風が気持ち良い


O05_2

レインボーブリッジの下を通過して、それを眺めながら先ほど買った小笠原パッションフルーツ直搾りをゴクリ

外で飲む、しかも昼間のお酒はなんて美味しいんでしょう(笑)

羽田空港を過ぎて、再び船内に


O06_2

船内の手すりには至る所にレジ袋がぶら下げてあります。所謂、ゲロ袋ですね(笑)


O07_2

自分の寝床に戻って、船内の売店「ショップドルフィン」で買った何故かオリオンビール


O08_2

ターミナルで買った「島島寿司」とオリオンビールで昼食です。


O09_2

ちゃんと船の形ですね。


O10_2

白身魚を青唐辛子醤油で漬け、ごはんは梅ゴマ酢飯

アシタバの青葉が巻かれています。

白い四角いのは大島の塩とシソで煮た「塩こんにゃく」

薬味でレモン生姜がついてます。


O11

旅行気分もあって、これけっこう美味しかったですね。

続く・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


« 小笠原諸島の父島に向けて「おがさわら丸」に乗船 | トップページ | 「おがさわら丸」での過ごし方。と言っても飲むだけだけど(笑) »

観光・体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/64778296

この記事へのトラックバック一覧です: 「おがさわら丸」父島に向けて出航。:

« 小笠原諸島の父島に向けて「おがさわら丸」に乗船 | トップページ | 「おがさわら丸」での過ごし方。と言っても飲むだけだけど(笑) »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.