« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

海のツアー1日コース その1 うねりで揺れる船で南島へ

この日は海のツアー1日コースに参加

集合時間は8時30分ということで、生協で朝食分と昼食分のおにぎりと飲み物、おやつなどを購入

C01

父島にはコンビニが無いため、お弁当やおにぎりは朝7時から開いている生協で買うのが便利


C04

海のツアーを案内してくれる小笠原観光さんに集まってバスで船まで移動


C05

この海のツアーは「ドリーム号ツアー 1日コース」で大人10800円でドルフィンウォッチングスイム、ホエールウオッチング、兄島海中公園でのシュノケーリングが体験できます。(自分は泳がなかったですけど)

ここで、先ほど生協で買ったおにぎり1個を朝食としていただきます。


C02_2

小笠原名物 島カジキバター醤油焼き


C03

けっこう大きなカジキが入っていました。うま~い!

船にもトイレが付いているそうですが、狭くて揺れるので、ここでトイレを済ませておいてくださいとのアドバイスでトイレに行ったら、バスで船まで


C06

いよいよ出発

この日はかなり波が強いというか注意報が出ていたので、もちろん酔い止めを飲んでいましたが少し不安


C07

スタッフの若い女性から説明や注意事項を聞いております。

高齢の方と泳ぎに自信のない人はライフジャケットを着用してくださいってことで、着用してる人と着用していない人がいます。


C08

天気はあまり良くなく風で寒くなってきたので、レインウエアを上下着用


C09

二見港を出ると波が高くなって、これで1日船酔いしないか不安いっぱい


C10


C11


C12

天気は良くないし、うねりの高いし、南の海って爽やかな感じはなく

頭の中では鳥羽一郎の兄弟船がエンドレスで流れていました(笑)


C13

それでもビーチのに近づくと、海が青い


C14

ジョンビーチだったかジニービーチだったか名前は忘れましたが、スタッフさんがビーチを背景に写真を撮ってくれました。

場所的には父島の南側になります。


C15

次は南島を目指して移動


C16

南島は自然保護の観点から入島は1日100人まで、東京都の自然ガイドの同行が必要と入島制限のルールがあり、しかも11月初旬~2月初旬は入島禁止期間。

両足を付けなければ上陸にならないので、片足だけ付けて記念撮影(笑)

因みに履いているサンダルは島民が履いていてお土産としても売っている「ぎょさん」と呼ばれるものです。

父島に着いてすぐに購入しました。

そして、南島に足を付ける前には水でサンダルの底を洗って、生態系に配慮と徹底されています。

続く・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

ウミガメって食べてもいいの?父島の「ぼう家」でカメ刺身

「ウェザーステーション」」で夕陽を見た後、添乗員さんとツアー参加者4人で夕食

添乗員さんのオススメで「ぼう家」

C01_4

お店の前の看板には・・・えっ!「カメ刺身」!

C02


C03_3

とにかくお店に入って、まずは乾杯


C04_3

壁のメニューにも貼ってあります。カメ刺身1200円 けっこうします(笑)


C05_3

来ました!これがアオウミガメのお刺身

小笠原では、ウミガメを保護をする一方で、ウミガメを食べるのは島の伝統文化なので、漁の期間と捕獲頭数を決めて(たしか130数頭?)ウミガメを捕っているそうです。

この時期は冷凍されたお肉だそうで、漁の期間の新ガメの時が一番おいしいそうです。

味は全然クセも臭みもなくて、美味しいです。


C06_3

これは島トマト。事前に観光協会の人からトマトが嫌いな人も食べれるぐらい美味しいから絶対に食べてみてって言われたけど

たしかに冬のこの時期のトマトとしては超美味しいけど

北海道の旬の時期のトマトと比べたら北海道の方が美味しいかな(手前味噌w)

C07_2

これは島すし。白身魚を醤油でつけこみ、辛子で握ったお寿司。竹芝のターミル買っておが丸の中でも食べたけど、島すしがかなり好きかも。

C08_2

もう覚えていないけど、これは確か島ラムのハイボールかカクテルだったような気が

島ラムも美味しかったですね。

これで父島初日は終了です。

関連ランキング:和食(その他) | 小笠原諸島その他


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

水平線に沈む夕陽を見る「ウェザーステーション」へ

遅いランチを食べて、生協で今夜のお酒と氷とおつまみを仕入れたら宿泊先の「父島ビューホテル」でちょっと休憩

そして、15時過ぎに夕陽を見るために再び出発

C01_2

目指すは1500m先のウェザーステーション 

この「ウェザーステーション」が夕陽のスポットとして人気らしく、夕方には観光客がみんな集まるらしいので

混みあう前に早めの出発


C02_2

今回のツアーは添乗員さん1名、参加者女性1名、男性2名の合計4名

自分ももう一人の男性も歩くのは好きだから大丈夫だったけど、この女性はちょっと大変だったろうな。

ペンションに宿泊している人は宿の人が車で乗せてってくれるようです。(貧乏ツアーはツライw)


途中に戦跡


C03_2

戦跡を見るのも楽しみにしていたんだけど、早く行って良い場所を確保したいし


C04_2

このジャングルの入口的な奥に一人で入って行く勇気がなくて断念(笑)


こちらは説明の看板が無かったようですが、たぶん防空壕?


C21

少し進むと再び砲台の跡が


C06_2

C05_2


C07


C08


C09

父島ではこのような戦跡をガイドさんが説明しながら案内してくれる戦跡ツアーもあります。

今回は時間が無くて参加できなかったけど、もしまた行く機会があったら参加してみたいです。


C10

ようやく「ウェザーステーション」に到着

C12

まだ日没までは時間がありますが、すでに数人の方がおりました。

ここからはクジラも見ることができるようです。(今回は見れませんでしたが)


C13

風が強くなってきて、日没が近づくとさすがに肌寒く背負っていたザックから薄手のブルゾンを出して着て

日没の瞬間を待ちます。


C14


C15

C01_3

C16


C17

C19


ヘタな写真ですが、実際に現場で見るともうもう感動しちゃいますよ。

サンセットクルーズという船の上から夕陽をみるツアーもあるようです。


C18

続く・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

父島での最初の食事は「Cafe HALE」のホットサンド

11時に父島に到着してから、昼食も取らずに「小笠原ビジターセンター」~「大神山神社」~「小笠原水産センター」と散策して、気づけば時間は13時半

生協の道路を挟んで向かいにある「Cafe HALE」さん

C01


C02

こちら道路に面したテラスの席で食事ができます。

↓写真撮っていなかったのでHPより拝借


Img_1_2

C06

向かいの生協。(この食事の後に、お酒、氷、おつまみなど買いに行きました)


C03

こんな感じでおっさん一人海辺のレタス(←なぜがレスタと打たさったw)じゃないテラスで食事

雰囲気はオシャレだけど、おっさんでごめんねって感じ

C04

真昼間だけど、こんなリゾート気分だし、飲む!

ハイボール。もっとオシャレものの方が良かったかな。


C05

オーダーしたのはホットサンドのセット

値段はそこそこしましたが、なんといってもこの雰囲気ですから満足感高いですよね。




関連ランキング:カフェ | 小笠原諸島その他

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


父島に上陸して、まずは歩いて散策

「おが丸」を降りて、まずは宿泊先の「父島ビューホテル」にチェックイン


C01

「おが丸」が着岸した二見港のターミナルの道路を渡ってすぐ前にあります。


C02_2

今回のお部屋は3Fの右側

名前はホテルですが、コンドミニアム的なお宿

C03

部屋に入って、すぐに荷物を整理したのでベッドの上が散らかってますが

1部屋にベッドが3つ

今回はツアーだったので、このツアーで初めて会った男性と相部屋

自分が左側のベッド2つを占領するという、なぜかエラそう(笑)


C04

食事はついていませんが、キッチンで自炊することができます。

といっても、お湯を沸かしてカップのお味噌汁を作っただけですけど。

C05

奥の左側がトイレ、手前がシャワールーム

家族とか気心知れた友達とか恋人同志とかなら、いいんじゃないですかね(知らないおっさんと一緒はツライw)

荷物を整理したら、ホテル周辺を歩ける範囲で散策


C06


C07

こちらがメインストリート。

お店はだいたいこの辺りに集中しています。


C08

C09


最初に向かったのは「小笠原ビジターセンター」

まずは小笠原諸島の自然や観光・歴史についてお勉強


C10


C11

小笠原諸島が世界遺産に登録されたのは

大陸とつながったことのない海洋島であるため、島にたどり着いた生物だけが独自に進化した特異な生態系が見られること。固有種が多いからだそうです。

特にカタツムリなど陸生貝類の固有種率は94%と、カタツムリマニアにはパラダイスのような場所なのです。


C12

そして、驚いたのがあの歴史で習ったペリー提督が小笠原に来ていたとのこと


C13

学校の歴史の授業じゃ教えてくれなかったですよね。

小笠原ビジターセンターを後にして、次にむかったのは


C14


C15

大神山神社

本殿までの石段を上る途中でも二見湾の青い海と乗ってきた「おが丸」の姿を見下ろすことができます。


C31

途中こんなトンネルを通りますが、これは戦時中トーチカとして掘られたものだそうです。

いわゆる戦跡

C33


C17

本殿について、参拝を済ませて、次は今来た道とは別の道を下っていきます。


C18

本当に同じ日本とは思えないような青い海

この青い海を1日眺めていても飽きないだろうな。


C19

下りきると、「東京都小笠原水産センター」

C20

ここにはミニ水族館があって無料で観ることができます。


C21

他にも写したけど泳いでる魚にピントが合わずボケボケ

C30


C22

なんとかウミガメが写せた


C23

このウミガメ君、名前がついているらしく

C32


「かめだ まんねん」って関西弁みたいな名前(笑)


C26

ぐるっと回って、ふたたびターミナルの「おが丸」の場所に


C27

先ほどビジターセンターで学んだ、ペリー提督の事


C28

記念碑が港にありました。

ところで、ペリー提督のことも驚いたけど、これも驚き

父島にももちろん車が走ってるけど、なんとナンバーが品川(原付は小笠原村でした)

C25

みんなの憧れ品川ナンバー。なんかカッコイイよね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


いよいよ父島に上陸!

雑魚寝みたいな2等和室で眠れないかと心配していたけど、アイマスクと耳栓のおかげで朝までグッスリ

酔い止めの薬の効果もあったようです。

客室は6時には照明が点灯

C01

6時20分過ぎの日の出を撮影しようと屋外のデッキに出たけど厚い雲でお日様は見られず残念

でも、それほど厚着をしなくても寒くなく海風が心地よい

南に来たんだなって実感

ちなみに、これが船内の案内。自分のスペース2等和室は2デッキの船底(浸水したら真っ先に死ぬなw)

C02


レストランが4デッキ、売店が6デッキ、展望ラウンジが7デッキと揺れる階段を上がったり下がったりけっこう大変

C03

朝食は4デッキになるレストラン「Chichi-jima」を利用してみました。

朝食はビュッフェスタイル


C04

これが結構落とし穴で、1品1品が微妙に高い


C05

これで合計1040円

前に並んで会計してたおばあちゃん。どっさり取って2000円超え。

朝食で2000円超えはビックリ(笑)

いよいよ父島が近づいてくると、屋外デッキで案内の方が説明をしてくれていました。


C06

ちょっと離れていたので風の音と船のエンジンの音で全然聞こえなかったけど。


C07

これが済んだら、いよいよ荷物を整理して下船の準備。


C08

やっと到着。竹芝桟橋から1000キロの父島。なぜかおまわりさんのお出迎え

何も悪い事していないのになぜがドキドキする性(笑)

船から降りて上陸する前には、靴の底をマットで消毒

父島は固有種が多いので、生態系を乱さないように本土から種などを持ち込まない様に靴底の泥などを落とします。


C09

心配していた天気も父島は快晴


C10

ターミナルでは宿泊する民宿やホテルの方のお出迎え

自分たちは添乗員さんの案内でいざ宿泊先へ移動

続く・・・

関連ランキング:その他 | 竹芝駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「おがさわら丸」往路の寂しい晩飯。

夜になり、船の揺れは益々大きくなりました。

O01


O02


O03

船内には文字と音声で「船の動揺が大きいので、手すりにつかまって気を付けて歩いてください」というような案内が、始終流れています。

そんなこと言われなくても手すりにしっかりつかまってないと歩けないって(笑)

船酔いが少し収まったので、晩御飯を食べようかと船内のレストラン「Chichi-ima 父島」へ

O07

入口前のメニューを眺め何を食べようかと迷っているうちに、気持ち悪くなって断念(笑)


O04

展望ラウンジで販売していた船内で焼いたというアップルパイとパンを買って軽い夕食

これで足りるわけもなく

さらに売店で買ったカップ麺を

O05

各客室フロアには給湯室があってお湯がつかえるので、売店で販売してるカップ麺やカップのお味噌汁など
が食べることができます。


O06

チャルメラのしかも塩なんて、たぶん生まれて初めて食べたような。

それがまさか海の上だなんてね(笑)

船酔いを心配しながらも、あれこれ食べて、あとは寝るだけ。

客室フロアは10時には消灯されますが、アイマスクと耳栓で熟睡モードで翌朝のを迎えます。


O10

続く・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「おがさわら丸」での過ごし方。と言っても飲むだけだけど(笑)

マットレス1枚分の自分のスペースで飲んでゴロゴロしていても退屈なので

「おが丸」の船内をウロウロ

O01

7デッキの展望ラウンジに行って、外の景色を眺めながら結局飲む(笑)

O03

ここの展望ラウンジでは飲み物と軽食が注文できます。


O04

メニューはこんな感じ。まあ、この手の場所としては普通の価格帯かと


O02

しかし、皆さんは下の売店で缶のビールやハイボールを買ってきて飲んでましたね(持ち込みOK)

確かに自分が注文したハイボールは500円ぐらいだけど、売店なら200数十円だもんね。

気持ちはわかる。

因みに出航してすぐにラウンジのテーブル席は一杯(カウンター席は少し空いてましたけど)

オフシーズンでこんな状況なら乗船客が多い時は、テーブルの確保が至難の業かと


O05

再び自分のスペースである2デッキ船底に戻って、ラウンジで飲んでいたハイボールのカップと残っていた氷を使って、乗船前にターミナルの売店で買った男梅サワー

これを飲みながら持参した文庫本を読んでました(携帯が繋がらないので、時間を潰すのに本や音楽を聴くものの持って行った方がいいです)

16時過ぎに日没を迎えるということだったので、再び展望ラウンジへ

皆さん考えることは同じで夕日が見える側のカウンター席も満席


O07

仕方ないので立ち飲みで「サンセット」なるカクテルを

夕日を見ながらサンセットを飲むなんて、オヤジしにてはオシャレ(笑)

しかし、この少し前から波が高くなり、船は大揺れ(売店の人曰く3メートルぐらいの波の高さ)

屋外デッキに1度出たけど、頭から波を浴びました(笑)

そんな感じで揺れていたんので、立ち飲みして気持ち悪くなっちゃいましいた。

船酔いしたときは、とりあえず横になって寝るのが一番

自分の場所に戻って昼寝?夕寝に突入

続く・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

「おがさわら丸」父島に向けて出航。

いよいよ「おが丸」こと「おがさわら丸」に乗船

O01

想像していたよりかなり大きい船です。

昨年の7月に船が新しくなったそうで、

三代目となる新おがさわら丸は

全長    約150メートル(2代目131メートル)
総トン数  約11000トン(2代目6700トン)
旅客定員 892名(2代目769名)

そして、今まで父島まで25.5時間かかっていたのが24時間と1時間半短くなったそうです。

O02_2

そして、これが今回の2等和室。

事前にネットで調べたら前の船の情報がほとんどで、「まるで難民船」とか書かれていましたが

それよりは良くなったようです。

具体的には頭の部分に仕切りがあったり、頭の上に荷物を置くスペースがあったり

まあ、そんな事で快適とは言えないまでも、追加の料金を払うことを考えたら我慢できるレベルかと

今回の部屋は2デッキで一番船の下のフロア

荷物を持って乗船口のある4デッキから降りるのは大変でしたが

揺れが少なくて良かったかも

O03_2

荷物を自分のスペースに置いたら、8デッキの屋外に出ました。


O04_2

天気が良かったので、少し肌寒い程度で海風が気持ち良い


O05_2

レインボーブリッジの下を通過して、それを眺めながら先ほど買った小笠原パッションフルーツ直搾りをゴクリ

外で飲む、しかも昼間のお酒はなんて美味しいんでしょう(笑)

羽田空港を過ぎて、再び船内に


O06_2

船内の手すりには至る所にレジ袋がぶら下げてあります。所謂、ゲロ袋ですね(笑)


O07_2

自分の寝床に戻って、船内の売店「ショップドルフィン」で買った何故かオリオンビール


O08_2

ターミナルで買った「島島寿司」とオリオンビールで昼食です。


O09_2

ちゃんと船の形ですね。


O10_2

白身魚を青唐辛子醤油で漬け、ごはんは梅ゴマ酢飯

アシタバの青葉が巻かれています。

白い四角いのは大島の塩とシソで煮た「塩こんにゃく」

薬味でレモン生姜がついてます。


O11

旅行気分もあって、これけっこう美味しかったですね。

続く・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


小笠原諸島の父島に向けて「おがさわら丸」に乗船

宿泊していた浜松町にチサンホテルをチェックオウトして向かった先は竹芝客船ターミナル

O02

タイトルにも書いた通り、小笠原諸島の父島に行くことになり、ここから「おがさわら丸」に乗り込みます。

おがさわら丸は通称「おが丸」と呼ばれるそうです。


O03

10時乗船開始で11時の出航し、父島に着くのは翌日の11時。

なんと24時間の船旅です。

ターミナルには島民専用の控室があるんですね。

O04

空港がない父島では島民にとって「おがさわら丸」が本土と島を結ぶ重要な交通手段

控室だけでなく料金も島民割り引きとか優遇されているんでしょうね。

ちなみに一番安い2等和室(今回はもちろんこれです)で片道22,520円

往復のフェリー代と旭川・羽田の往復航空運賃、さらに東京前泊のホテル代を合わせると

海外いけるぐらいの費用になりますね。

ターミナルに少し早く着いたので売店でお買い物

O08

限定の2文字に弱い自分は、もちろんお買い上げ(笑)


O09

期間限定の「小笠原パッション直搾り」

他にお酒のおつまみともう1本缶のハイボールを購入(飲む気満々)


O05

そして、ここでしか販売していないという「島島弁当」を購入

11時に出航したらすぐお昼なので、これを買って船内で食べることに


O06

船を型どった入れ物にはいったべっこう寿司


O07

そんなことをしているうちに、「おが丸」乗船の時間になりました。


O10

いざ1000キロ南の島、父島へ

続く・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

チサンホテル浜松町の朝食

今回、宿泊した浜松町のチサンホテル

C01_2


ホームページではモノレールの浜松町駅から徒歩8分となっていますが、実際はもっとかかりました。

ホームページの地図で確認しても道順が良くわからない。

道がけっこう入り組んでいて真っすぐにたどり着けない場所なので、土地勘のない初めての人は辿り着くの大変

実際に一緒に行った一人は迷って30分以上歩いたそうで、もう一人は最初からあきらめてタクシーに乗ったってぐらい。

自分はiPhoneのSiriに助けてもらいました。

駅からは少し遠いし、周りに飲食店はあまりないし、建物はけっこう古いし

でも、朝食は美味しいホテルでした。


C00

朝食に力を入れているようです。


C03_2

ビュッフェスタイルで好きなものを好きなだけ取るのですが、料理の種類も多く、

またどれも美味しそうなので、何を食べようか迷うほど


C04_2

五穀米とアサリのお味噌汁。


C05_2


C06_2

最近、食べる量を控えているので、これだけ食べたらお腹いっぱい

胃袋に余裕があったら、ご飯も他のおかずも御かわりしたかったぐらい。

料金は1200円(税込)みたいですが、このクオリティなら納得できるかも。

食べ終わって、食後の紅茶をゆっくり飲んだら、さあ行動開始です。

続く・・・

関連ランキング:その他 | 日の出駅浜松町駅芝公園駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


こんな寒い場所はイヤだ!蝦夷地を脱出

1月9日祝日。旭川の最低気温は16.7℃(もちろんマイナス)

歳を取ることに寒さがこたえます。

よし!こんな極寒の地から脱出しよう!

C01

お昼ですが旭川空港でハイボール。しかも手荷物検査場に入る前からすでに1本(笑)


C02

13時発の便なので、昼食+缶酎ハイ


C03

北海道産豚ひれかつサンド

最近は道産の豚肉がスーパーでも普通に売られているので、あまり意識することが無くなりましたが

これは北海道のどこの地域の豚なんでしょうかね?


C04

今回はJALを利用したんですが、機内でのアルコールの販売が無くなったんですかね?

ちょっと寂しいですね。仕方なく寝てるうちに羽田到着


C05

宿泊は浜松町で、竹芝桟橋の近くで夜はミーティング


C06

遠くに東京タワーが見えますね。

本当は新橋あたりまで行ってちょっと立ち飲みでも楽しもうかと思ったけど

出かけるのが面倒くさくなって、ホテルの近くのコンビニでハイボールやらチューハイを買って

部屋呑みでゆっくりして、翌日以降に体力温存です。

続く・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


旭川市障害者福祉センターおぴったにある「喫茶パストラル」で味噌ラーメン

2017年の最初の1杯をどこで食べようかと考えることもなく、ここで食べちゃいました。

P01

旭川市障害者福祉センターおぴったの「喫茶パストラル」


P02

今までに食べたことがないメニューはと考えて、味噌ラーメンを注文


P03

スープの見た目からちょっと特徴的


P04

赤みそ系が強いスープは旭川では珍しいほうかも

味も個性的です。

正油ラーメンはごく普通の旭川ラーメンのスープだったし

この手のお店ですから、スープもタレもお店で作っておらず業務用のそれを使っていると思ったけど

この味噌ダレはオリジナルなんでしょうか。


P05

食べ慣れない味でしたが、意外に美味しかったかな。

関連ランキング:喫茶店 | 旭川四条駅旭川駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「喰い呑み座 新山」の生姜焼き弁当

やっと今年のネタがスタート。

1月7日の昼食は事務所から近いこのお店

S01

「喰い呑み座 新山」

事務所から近いし、ランチののぼりが気になって何度か入ろうと思ったけど

なんとなく入りずらくて、今回は数軒のお店がお休みだったり駐車場がいっぱいだったりと

危うくランチ難民になりかけて、14時少し前、ランチタイムギリギリに入店

S02

ラーメンの500円が気になったけど、生姜焼き弁当 600円を注文


S03

これで600円はお得。

居酒屋さんのランチって安いし美味しいし穴場が多いよね。

これから度々お世話になりそうだな。次はラーメンだね。

関連ランキング:居酒屋 | 西瑞穂駅西御料駅緑が丘駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


3年連続年の〆のラーメンはアリーナ食堂

やっと昨年のネタがこれで終わりです。

2016年の〆のラーメンをどこにしようかと考えていたら

Facebookで「過去のこの日」って出てきて、前の年もその前の年も同じ場所で食べてました。

2年続いたのに止めるのもどうかと、3年連続で行ってきました。

2014年の記事

2015年の記事

A01

大雪アリーナのアリーナ食堂

ここで2016年の58杯目のラーメンを食べて終了です。

1年で58杯(カップ麺は除く)ということは365日÷58杯≒6.3

まあ、6日~7日に1杯ってことですね。

昔に比べたら食べなくなったな~。


A02

今年はいつもの醤油ラーメンに


A03

温泉たまごを追加

A04

注文するときに「ラーメンに温泉たまごを入れますか?」って聞かれたけど、別にしてもらいました。


A05

まあ、結局は入れるんだけどね。


A06

さて、これで3年連続で12月27日はアリーナ食堂のラーメンを食べている。

今年も忘れなければ食べて、何年続けられるかやってみようかな~なんてくだらないことを考えながら


A07

最後に残った温泉たまごを割れない様にレンゲ乗せて一口でスポンと飲み込んで

2016年は終わったのでした。

関連ランキング:定食・食堂 | 旭川駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「寿し 食事処 あおやま」の平日限定サービス定食

以前から入ってみたいと思っていたけど、いつもタイミングが悪いのか駐車場がいっぱいで今回初訪問

O01

永山の「寿し 食事処 あおやま」

ポータブルのストーブが何台も点けられた小上がりに(けっこう暑い)


O02

平日限定のサービス定食のメニューがあって、この日は火曜日、好きな生姜焼き

揚げ物だったら別なものを頼んだかもしれないけど、生姜焼きなら迷わず注文


O03

生姜の香りが効いた甘塩っぱいタレがなんとも言えず美味


O04

この肉一切れとあとはタレだけでご飯一膳食べれちゃうね。

キャベセンだって、ドレッシングなしでこのタレで食べたいぐらい。

これで食後にコーヒーがついて980円

まあ、安くもないけど高くもないかな。

自分はコーヒーがそれほど好きではないのd、お断りして出てきちゃったけどゴメンね

関連ランキング:寿司 | 南永山駅新旭川駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「旭川ラーメンこぐまグループ 東神楽店」のみそ野菜ラーメン 2016年の57杯目

年末になってラストスパート?

2016年の57杯目は東神楽の旭川ラーメンこぐまグループ

A01

あちらのお店、こちらのお店にふられて昼食難民になって、流れ着いた場所


A02

ここでみそラーメンを食べたことがないと思って、みそ野菜ラーメンを注文したんだけど

過去のブログを見たら食べてましたね。


A03

でも、その時にはたぶん気づかなかった点があって、みそ野菜にするとチャーシューもひき肉も入ってないんですね。

それと、やたらとレンゲが大きくて食べづらい(笑)


A04

邪魔臭いレンゲを避けながら食べ進めて


A05

スープで溺れかけていた子熊ちゃんを救出(笑)

やたら良い笑顔(笑)

良かった良かった。

関連ランキング:ラーメン | 旭川


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


2016年の56杯目は「みづの」のしょうがラーメン

まだ昨年のネタを書いてます。すいません。

2016年の56杯目はこちら

M01

冬になると、ここのラーメンが食べたくなりますね(夏も食べますけど、お店が暑いので)


M02

他の味のラーメンも食べてみようとは思いながらも、結局注文するのはいつもの


M03

しょうがラーメン 630円

M04

スープの中に入ったすりおろした生姜が、味と香りにアクセントを加えて個性を引き出しているのですが

何より生姜の効能で食べた後には、カラダが温まります。


M05

ここのスープはついつい完汁しそうになるけど、塩分の摂り過ぎも気になるので、これぐらいで我慢我慢

関連ランキング:ラーメン | 旭川駅旭川四条駅新旭川駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


子供達よすまん。父一人で回転寿し「北々亭」

12月24日。クリスマスイブ。

我が家でも夜は、いつもより少しご馳走用意して、ケーキも用意してと一応世間並みのことはしましたが

でも、こっそり内緒で父は昼間一人でお寿司を食べていたのでした。

子供達よゴメン(笑)

H01

いつもの北々亭のワンコインランチ

これで500円だから超お得。

これに数皿追加するのがいつものスタイル


H02

この季節はコレを食べなきゃ!真だち

白子の中でもタラの白子が一番おいしいんじゃないだろうか(と言っても、他の魚の白子はあまり食べてないけど)

口の中でとろけるようで、濃厚な味がたまらない。

H03

そしてサンマも外せない。

スーパーでは生で食べられるぐらいの新鮮なサンマを売っていないから

刺身やお寿司を食べる機会がなかなかないけど

食べたことない人は是非食べて欲しいな。

そして最後は、一番好きな


H04

カッパ巻き

本当はカッパ巻き10皿だけでもいいくらい好きだけど、ちょっとそれは恥ずかしいのでやらないけどさ。

でも必ず食べる1皿。

関連ランキング:回転寿司 | 南永山駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「大雪乃湯」でお風呂上がりのソフトクリーム

いつも車の中にはタオルやシャンプーなど入浴セットを積んでいて準備はしているけど

なかなか温泉や銭湯に行く時間がとれない。

この日は(も)、思い切って早めに仕事を切り上げて「大雪乃湯」に

T01

実は初訪問。

平日の午後なので空いていると思ったけど、けっこうたくさんの人が来てるんですね・

ひょっとしたら土日はもっと混んでるのかな?

それなら人込みが嫌いな自分は平日の昼間しか無理かも。

さて、普段はカラスの行水なみにお風呂は短いけど

せっかく来たのだからと、あっちの湯船、こっちの露天風呂とゆっくり温まり

お休み処で一休み


T02

何か食べようかと思ったけど、やっぱりお風呂上りは


T03

どこそこの牧場の牛乳を使っているとかじゃないけど、お風呂上りのソフトクリームは最高


T04

ソフトクリームを食べ終わったあとは寝転がって読書

先日の講習で紹介されていた「100円のコーラを1000円で売る方法」

コーラじゃなくてネクターを飲みながら(笑)

関連ランキング:その他 | 南永山駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「ファイヤーバーグ 宮前店」のネギ塩ハンバーグセット

3回目の訪問。

けっこうお気に入りかも。

F01

宮前のファイヤーバーグ。

カウンター席があるので、ファミレスと違ってお一人様でも入りやすい。


F02_2

今回はネギ塩ハンバーグセットを注文。もちろん150g


F03_2

ファイヤーバーグの好きなところはご飯がお皿じゃなくて茶碗で出てくるところ。

お皿だとご飯がくっついてしまったりと食べづらいから。


F04_2

ネギ塩味はあっさりしていて美味しいけど、ガッチリ肉を食べたいって人はデミソース系を選ぶだろうね。




関連ランキング:ハンバーグ | 旭川四条駅旭川駅神楽岡駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


「福は内 永山店」のサービスセット

目的のお店の駐車場がいっぱいで入れず、(たまたま)空いていたこちらに

F01

福は内 永山店

自宅から近いのですが、休みの日には外食したり出前をとったりはあまりしないので

利用するのは2~3度目?でしょうか。

F02

今回は平日限定のこんなお得なサービスセットがあったので、こちらを注文

丼ものが天丼・かつ丼・豚丼・いか天丼・牛すき丼・親子丼の6種類から選べて

お蕎麦も温かいのか冷たいのが選べる。

こりゃ何を選ぶか迷うよね。

かなり考えて選んだのは天丼+温かいお蕎麦


F03


F04

天丼って年に1度食べるか食べないか。別に嫌いなわけじゃないけど、食べたいってほど好きでもない。

自分的には微妙なポジションの料理。

美味しいんだけどね。


F05

でも、次はかつ丼にしてみようかな。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 永山駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

大雪アリーナ「アリーナ食堂」のカレーライス

立ち食い系のお蕎麦も好きだし、食堂系のラーメンも好き

まあ、正直言って高級な料理よりは超大衆の味が好きなので

カレーライスも専門店だったりスープカレーは苦手で、食堂で出るような普通のカレーライスが好きです。

A01

この日、突然カレーライスが食べたくなって大雪アリーナへ


A02

アリーナ食堂

学校は冬休みですが、平日なので昼どきといってもお客さんは数人


A04

食券を買って待つこと数分。すぐに出てきました。


A05

1杯400円


A06

味も普通。値段も普通(安い方かな?)。でも、これが好きなんです。

妙にスパイスにこだわっていない、普通のカレーライスが一番美味しいですね。

関連ランキング:定食・食堂 | 旭川駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

JR札幌駅の「シックスワンハーフ」で男梅サワー

土日2日間の講習が終わって、あとはJRに乗って旭川に帰るだけ

指定席も取ったし、時間までゆっくりといつものお店

改札を入った「シックスワンハーフ」で1杯

Si01

最近お気に入りの男梅サワーと、これは初めて「うずらの卵の煮卵」


Si02

普通の鶏の卵だと黄身がパサついて、口の中の水分持っていかれるけど

ウズラの卵だと食べやすくていいね。


Si03

ちょいと1杯なんて言っても。1杯で終わらないのが酒飲みの性

今度は枝豆をアテに、さらに男梅サワー


Si04

さらにはJRに乗ってからも缶酎ハイ

まあ、1人お疲れ様会ってことでね。

関連ランキング:おにぎり | 札幌駅(JR)さっぽろ駅(札幌市営)北12条駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

「そばバー ING」のたぬきそば

前夜はちょっと飲みすぎ。

それはあまり関係ないけど、この日は温かいお蕎麦が食べたい気分

それも、立ち食い系のチープな雰囲気のお蕎麦

札幌駅だとココ

そばバーING

S01_2

自販機で食券を買うスタイルで立ち食いではなくカウンターには一応椅子があって座って食べることができます。


S02_2

この日、注文したのはたぬきそば360円

S03

安いお蕎麦はそば粉が2割ぐらいで8割が小麦粉。色のついた細いうどんなんてよく言われるけど

ここのがどうだかはわからないけど、

この手のお蕎麦で別に蕎麦の香りがどうのなんてこだわらないし

濃い目の汁でチープな雰囲気の立ち食い蕎麦屋とかイベントで出るようなお蕎麦はそれはそれで美味しいと思えるから問題なしです。

関連ランキング:そば(蕎麦) | さっぽろ駅(札幌市営)札幌駅(JR)大通駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


JR札幌駅の「CAFE NORTE Sapporo」

東横インをチェックアウトして研修会場まで向かう途中でJR札幌駅でちょっと休憩

北海道さっぽろ「食と観光」情報館の奥にある「CAFE NORTE Sapporo」

JRの発車時間までの時間つぶしとかでよく利用しております。

S01

注文するのはいつも決まってHOTの紅茶

紅茶もコーヒーも1杯310円と場所を考えたらそれほど高くはありません。


S02

この辺りはけっこう暖房が効いていて、自分的には暑くてコートも上着も脱いで半袖のTシャツ

でも、周りの人はしっかり着込んでマフラーまでしてるので、異様な目で見られてましたが

体質が変わったのか、最近は暑がりになって建物の中ではほぼ半袖

さすがにこの時期ですから、外に出るときにはちゃんと着ますけどね(笑)

関連ランキング:カフェ | 札幌駅(JR)さっぽろ駅(札幌市営)北12条駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

「東横イン 札幌駅西口北大前」の無料サービスの朝食

週末のビジネスホテルの予約がなかなか取れず。

今回もその週の月曜日にようやくキャンセルが出たのか東横インをGET

札幌の東横インは南口、北口、すすきの交差点、すすきの南と泊まったけど、北大前は初めて

交流会からライブと行ってけっこうお酒飲んで酔っているなか、キャリーバッグを引きずり迷いながらチェックイン

最近はけっこう朝食無料のビジネスホテルが多くなったけど

パンとコーヒーだけじゃなくて、ごはんとお味噌汁のある和食系の朝ごはんが嬉しい


T01

普段から朝食は必ず食べるし、絶対にご飯と味噌汁が必要な人。

でも、家ではこんなに量を食べないけどホテルでは食べられちゃうんだよね。

不思議なことに。

別に無料だからと、欲張って食べてるわけじゃないけどね。

関連ランキング:旅館・オーベルジュ(その他) | 札幌駅(JR)北12条駅さっぽろ駅(札幌市営)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

「KITA-BAR キタバル」

札幌での研修会1日目が終わって、夜は講師の先生と参加者で交流会

会場は「KITA-BAL キタバル」

K01


K02

パセオの東口高架下にあるので研修会場の読売ビルからは歩いてすぐ。

幹事を引き受けてくれた方にお任せなので、詳しくはわかりませんが

飲み放題つきで1名3500円でした。


K03


K04


K06


K07

自分はハイボールを飲んでましたが、飲み放題でもワインの種類はけっこうあって

カウンターに並べてあるワインボトルからセルフで注ぐスタイル

これはワイン好きの人にはいいですね。

店内の雰囲気もおしゃれだし、お料理も美味しいし、価格もリーズナブルだし

旭川にもこの手のお店が欲しいぐらい。

美味しく飲んでいましたが、交流会を途中で抜け出して


K08

ちょうど、タイミング良くこの日に開催されていた「ラウフェン」の「くかさん」のクリスマスソロライブへ

くかさんとは夕張でのアクティブチャレンジ以来

実は、あの時は歌を歌う人だとは思わず、アウトドアぽくない人だなって思ってたっけ(笑)

関連ランキング:バル・バール | 札幌駅(JR)さっぽろ駅(札幌市営)北12条駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

「北海うまいもの処 庄や 札幌・読売北海道ビル店」の日替わり焼き魚定食

新年明けましておめでとうございます。(といっても予約投稿なので昨年末に書いてますけど)

一昨年は忙しかったり、体調が悪かったりでしばらく更新できない期間がありましたが

昨年は、ほぼ日曜日を除いては毎日更新できました。

これも、いつもこの拙いブログを見てくれている皆さまの応援(アクセス数や直接見てるよってお言葉)のお陰です。

今年も日曜日はお休みしますが、週に6本を目標に更新しようと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、年は明けましたが記事の内容はしばらく昨年のものが続きます。どうぞお許しください。

この日も講習のため札幌

会場がJR札幌駅前の読売ビルだったので、お昼はそのビルの2Fにある「北海道うまいもん処 庄や」

S01

前回の講習の時も、この看板が気になっていた。


S02

和食好きにはたまらない、居酒屋の魚系ランチ


S03

同じ890円で焼き魚定食と海の幸フライ盛り定食が選べるけど

ここはやっぱり焼き魚をチョイス(年齢的にフライは後から胸やけの危険性が…)


S04

選んで正解!お刺身も焼き魚も美味しいです。


S05

さて、この焼き魚の「銀ヒラス」ってあまり聞き馴染みがなかったので調べたら輸入魚なんですね。

でも、けっこう脂がのっていて美味しい魚でした。スーパーで見かけたら買ってみようかな。

関連ランキング:居酒屋 | さっぽろ駅(札幌市営)札幌駅(JR)大通駅


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.