« 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。スタートから第2CPまで | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。第3CPから第4CPまで »

「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。第2CPから第3CPまで

第2CPでおにぎりと豚汁を頂き、トイレを済ませたら、次の休憩所「札友内寿の家」に向けて出発。

第2CPではペットボトルのお水も補給しました。

A12

第2CPから札友内寿の家までは8.4㎞とやや距離があります。

トータルの距離も20㎞を超え、少し疲れが出てきて口で息をすることが多くなったせいか

水分を摂るペースが若干早くなってきました。

スタート時点でスポーツドリンクを水で半分に薄めたもの(そのままだと甘すぎるので山に登る時もいつも薄めて飲んでます)を500mlで2本持って歩き始めたのですが、

第1CPでは水を補給せず、第2CPに到着したときには、すでに1本は飲み干し2本目に手を付けていた状態でした。

そこで、第2CPでペットボトルの水を1本受け取り、これには疲労回復に効果があると言われるアミノ酸のパウダーを混ぜてしまったのです。

これが失敗。2~3口飲んだのですが美味しくなくて自分の口には合わなくてそれ以上飲めないのです。

何事も本番の前に試してみないとダメですね。

真っすぐな道路と単調な景色。そして前と後ろに歩く人から離れたポジションで一人で歩いている状態が続き

第2CPから第3CPまでの区間が最初に苦しかったところでした。

アミノ酸を入れていない水の残りの量を気にしながら、早く休憩所につかないかと気持ちが焦っていたのも

苦しかった要因かもしれません。

A13

途中、疲れて立ち止まったついでに撮影した牛さん。

さらに歩き続け、やっと休憩所「札友内寿の家」に到着。

スタートからのトータル距離は28.9㎞の地点です。

ここで、やっと水の補給ができました。それとブルーシートが引かれていたのでストレッチとセルフマッサージで脚のケアを始めた途端に雨が降り出し、慌てて再スタート第3CPを目指します。

この時点で雨具は着けず、朝の時点で確認した時の天気予報は弱い雨だったので

そのままスタートして雨が強くなったら着ようと判断。

しかし、まもなく雨が強くなり、途中で雨具を着て歩くことになりました。

A15


札友内寿の家から第3CPの道の駅摩周温泉までの距離は5.2㎞

通常の速度で歩けば1時間ほどですが、疲れと雨と、

それと荷物の重さがここにきてダメージとなって負担になってきました。

今回、初めての参加だったのであれこれとリュックに詰め込み過ぎ、かなりの重さになってしまったのです。

途中、シャリバテにならないようにと食べ物も入れすぎました(笑)

A17

こんなに詰め込んでいたのに、CPごとに食事を用意して頂いたのと、意外に食べる余裕がなく

結局、食べられたのはパンだけで。、他はお荷物となり、リュックを背負う肩が痛くなり

これも辛かったのです。次回、参加するときの課題の1つは間違いなく荷物の軽量化です。

リュックそのものも軽いものを準備しなければならないかもしれません。

雨の中、歩き続けようやく第3CPの道の駅摩周温泉に到着。

A16

ここで、スタートからのトータル距離は34.1㎞です。

この第3CPで長めの休憩を取り、水のペットボトルの補給とミニトマトを頂きました。

そして、からだを休めながらあるグループの到着を待ちます。

続く。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


« 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。スタートから第2CPまで | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。第3CPから第4CPまで »

100km歩こうよ大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/63885805

この記事へのトラックバック一覧です: 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。第2CPから第3CPまで:

« 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。スタートから第2CPまで | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。第3CPから第4CPまで »

楽天市場


無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.