« 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前日に川湯温泉へ移動 | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前夜のソロキャンプその2 »

「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前夜のソロキャンプその1

「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」の受付は朝6時半。そして開会式を行い8時スタートなので

旭川から参加するには前泊しなければなりません。

大会では前夜祭(参加費5000円)というのもありましたが、これに参加してホテルに宿泊するとかなりの金額。

今回は、砂湯キャンプ場にテントを張ることにしました。

もし天気が悪ければ、道の駅摩周温泉で車中泊も覚悟していましたが、幸い前日は暑いぐらいの良い天気でしたので、暗くなる前にテントの設営を開始です。

(後夜祭 参加費5000円もありましたが、こちらも不参加)

家族では年に1度必ずキャンプをしていますが、その時に使用するコールマンのテントでは大きすぎて

翌日の朝に撤収するのが大変なので、今回小さいテントをネットで新たに購入。

結局、他にも色々買ってホテルに泊まったほうがはるかに安かったと今になれば思います。

まあ、テントなどは来年以降も使えますし(参加すればの話ですが・・・)

K01

こんな感じで設営完了。

テントはアマゾンで注文したSoomloom アウトドア用 テント[1~2人用] とかいうたぶん中国製のもの

1~2人用と書いてありましたが完全に一人しか寝ることができないような広さ

そして、インナーテントの開口部が二重になっておらずメッシュのみ、これでは北海道では夏の暑い時にしかつかえません。

あとは、やはり安です。張り綱やポールがびっくりするほど細いです。

タープも後から購入してしましました。

これもアマゾンで「BUNDOK(バンドック) ミニヘキサゴン タープ UV BDK-25 [3~4人用]

やはり中国製です。

このメーカーも作りは雑でポールはつなぎの部分がゆるく、ガクガクして若干曲がっています。

そして、ロープは細く、1本は最初から切れていました。

まあ、この程度は中国製を買う以上、覚悟の上です。

テントの設営が終わって、ひと休み。

湖を見ながら、冷えたビール(ノンアルコール)

K02

テーブルも買っちゃいました。これも同じくアマゾンでユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104

さらにイスも新調 プロックス(PROX) あぐらイス ブルー PX788B

ホント、今回の1泊のためにいくら使ったのでしょうか。

絶対にホテルに泊まった方が安かったです。

次のカードの請求が来るのが恐怖(笑)


さて、暑い中で設営し汗をかきましたので、温泉に向かいます。

K03

車で数分の仁伏温泉 屈斜路湖荘 HP http://www.k-kosou.jp/

日帰り入浴は500円でした。

こちら源泉100%かけ流し温泉でお湯は無色透明、湯量豊富な水晶温泉で湯温は約43度。神経痛、運動機能障害などによく効きます。とのことです。

K04

お湯もよかったですが昭和の雰囲気がまたたまらない温泉でした。

汗を流したら、テントに戻って夕食の準備に入ります。

続く。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ


« 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前日に川湯温泉へ移動 | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前夜のソロキャンプその2 »

100km歩こうよ大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/63877738

この記事へのトラックバック一覧です: 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前夜のソロキャンプその1:

« 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前日に川湯温泉へ移動 | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。前夜のソロキャンプその2 »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.