« 旭川市障害者福祉センターおぴったにある「喫茶パストラル」でさば味噌定食 | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。準備編 »

「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。なぜ参加したのか。

7月2日・3日に開催された「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」に参加してきました。

公式HP http://www.100kmwalk.net/

初めて参加したのですが、よりによってその初めての大会がとんでもなくスゴイことになるとは。

これから数回に分けてその様子を記事にしようと思います。

まず、なぜ「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」に参加しようと思ったかですが

昨年の11月に足首のじん帯を切って(数年前にも同じ右側の足首のじん帯を切っているので2度目)

理学療法士さんから、切れたじん帯は戻らないので、また切らないようにするには周りの筋肉を鍛えるしかないと言われリハビリでウォーキングを始めたのでした。

さらに3月に受けた検診で高血圧を指摘され病院を受診。

お医者さんから体重を落とすことと運動をするようにと指導され、ウォーキングを続けざるを得ない状況になったのです。

しかしそうは言っても、なかなか歩き続けることは難しく何か目標が欲しかったのですが、

そんな時にフェイスブックで札幌の車いす登山家の猪飼嘉司さんが「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」に参加するとの投稿を見て、自分も参加申し込みをしたのです。

猪飼さんは昨年も参加されていて公式HPに参加者インタビューで紹介されています。

参加の申し込みをしたのが5月3日、大会のちょうど2ヶ月前

それから旭川市障害者福祉センター「おぴった」の3階の周回廊を使ってウォーキングのトレーニングを、

週に2~4日、合わせて6時間~15時間程度。

一番多い日で1日6時間。それでも30㎞、ウォーキングは時間がかかってなかなか十分な練習ができません。

まあ、そんなことでおぴったで練習していたので

最近1Fのパストラルの食事の記事が多かったのです。

本当は本番と同じくアスファルトの道路でも歩く練習をすべきなのですが

慢性的な皮膚炎持ちなので、紫外線を浴びるとさらに炎症がひどくなるので

紫外線をさけて屋内だけで練習していたのです。

昨年11月に足首のじん帯を切って、約3ヶ月シーネで固定していたので

その間にすっかり足首が固まってしまったのと、筋力が落ちたことで

最初、ウォーキングの練習を始めた時は1時間もあるくと、

反対側の左の膝や股関節が痛くなって大変でした。

それから徐々に歩くうちに3時間は苦しくなく歩ける様になったのですが

何せ本番は朝の8時にスタートして翌日の朝の9時までにゴールとギリギリなら25時間歩くわけですから

2ヶ月練習しても、不安というよりゴールできる自信はまったくありませんでした。

次に続く。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

« 旭川市障害者福祉センターおぴったにある「喫茶パストラル」でさば味噌定食 | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。準備編 »

100km歩こうよ大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/63867780

この記事へのトラックバック一覧です: 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。なぜ参加したのか。:

« 旭川市障害者福祉センターおぴったにある「喫茶パストラル」でさば味噌定食 | トップページ | 「100km歩こうよ大会in摩周・屈斜路」。準備編 »

楽天市場


無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.