« 「めん太郎」の肉みそラーメン | トップページ | 「おばんざいや ゆるり」から「おでん まき」 »

黒米「きたのむらさき」を楽しむ会INロワジールホテル旭川

黒米の生産と普及に長年取り組まれている上森米穀店さんからお誘いを頂き参加してきました。

黒米「きたのむらさき」を楽しむ会

場所はロワジールホテル旭川です。

過去にもこの会を開催しているそうで今回で5回目、

今までは和食中心のメニューだったそうで

ロワジールホテル旭川の総料理長平野さんがどのように洋食に黒米を使うのか楽しみです。

K01

この日のメニューはこちら。

黒米を使ったフルコースです。

メニューの下には平野総料理長の直筆サイン

ホテルの営業部長曰く、「平野料理長はシャイで普段はこのようなサインなどしない方なのでそのうち価値が上がるかもしれないから永久保存版ですよ」って!

K02

黒米ふらんと牛肉のタルタル 黒米スティック添え

今では深川市の方が黒米では有名になりましたが。

もともとは上森米穀店さんが20年前黒米に着目し、

その後農家さんとの努力と苦労の末、この上川での生産を定着させたのです。

詳しくは「かみかわ食べものがたり」のサイトをご覧ください。

深川は市長さんの肝いりで黒米に力を入れたと聞いています。

結果、最近では黒米といえば深川というイベージがすっかりできてしまいました。

作り始めたのも上川が先で、生産量だって道内では上川が一番多いのに

旭川市は今まで何やってたんねん!なんてちょっと腹が立ちます。

新しく作ることばかりではなく、今あるこういう地域資源をうまく活用することにもっと目を向けて欲しいな。

K03

黒米茶でポシュしたタコと冷製黒米うどん

上森米穀店さんで人気の黒米うどんを洋風のパスタ風に調理

いや~これ参りました。冷たくしてもおいしいのはわかっていましたが、

これが乾麺のうどん?ってビックリのおいしさです。

K04

そして、これもおいしかった。

ホテル自家製黒米バゲット

黒米を使っているだけあって、外はパリパリ、内はもちもちの触感。

参加者の女性からも1Fのベーカリーで是非売ってくださいって平野総料理長に要望してました。


K05


K06

近郊野菜と黒米のスープ

黒米をまとったメジナのポワレ

そしてメインは

K07

十勝牛フィレのロースト 黒米風味のベアルネーズソース

デザートは3種類

K08

黒米リ・アラ・クレーム、黒米しるこ、ヨーグルト黒米ソース


今回は黒米「きたのむらさき」を楽しむ会で特別にロワジールホテルさんがメニューを考えてくれたのですが

これって是非、観光客の人に食べてもらいたいですよね。

この黒米「きたのむらさき」は美味しくて体に良いだけじゃなく、その背景には物語があって

絶対に旭川の特産品としてもっと知られるべきなんだよね。

深川に負けるな!

おまけ・・・お土産に黒米のシフォンケーキと黒米のジュンドックまで頂いちゃいました。

(ジュンドックは写真を撮る前に長女が食べてしまいました。うまかったそうです)

K09

黒米のパウダーを使って焼いたと思っていたら

K10

お~!黒米の粒が!

優しい甘さでふっかふかで、その中に黒米の食感が楽しい。

バゲットだけじゃなくてこのシフォンケーキも是非販売してください。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

↑ランキングぽちっと応援お願いします。


« 「めん太郎」の肉みそラーメン | トップページ | 「おばんざいや ゆるり」から「おでん まき」 »

地産地消」カテゴリの記事

洋食レストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/56945536

この記事へのトラックバック一覧です: 黒米「きたのむらさき」を楽しむ会INロワジールホテル旭川:

« 「めん太郎」の肉みそラーメン | トップページ | 「おばんざいや ゆるり」から「おでん まき」 »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.