« また行っちゃった「定食・喫茶まるいち亭」。今度はまるいち弁当 | トップページ | 「北のそば和佳亭」のそば定食 »

「バオバブの木にバナナがなった」って名前のラーメン屋

食べ歩きをしてできるだけ色々なお店に行こうと思っているが、なかなか足が向かない店がある。

駐車場が無いまたは停められる台数が少なくて、いついってもクルマが止められない。

また、店構えが何となく入りずらい。それは妙に高級そうで一見さんお断りのような雰囲気だったり

店を外から見ただけだけど、

料理の味にそれほど期待が持てない雰囲気だったり(店の入り口付近が乱雑だったりすることが多い)

ここも一度は来ようと思っていながら、足がどうしても向かなかったお店

でも、その理由は他のケースと違いお店の名前

B01

変わった店名。どんな意味や思い入れがあるのかわからないけどラーメン店らしくは絶対にない。

一度聞けば印象に残るとは思うけど、一度で正確に店名を覚えられるかというとちょっと難しい。

ほら、こうやってブログに書くのだって文字数が多いから面倒くさいし

何より例えばですよ、知り合いに「昨日のお昼は何食べたの?」なんて聞かれたら

「ほら、え~と。ラーメン屋でさ、何とかのバナナとかいう動物園通りのお店さ」って答えるわけで

面倒くさいでしょ。


B02

メニューを見ると、これがまた面倒くさいわけで

スープが選べるんですね。

旭川ラーメンとしてはベーシックな豚骨と魚介のスープと話題になった豚骨ジャガイモの所謂ベジポタ系ってやつ

さらにあっさりとこってりと選べるわけだけど

自分的にはこれがうちの店の自慢のスープだからコレを食えって言われるほうが好きなわけで

こんな風に選べて、例えば自分の口に合わなかった場合、

「あ~自分のチョイスが間違っていたせいなんだな」って自分の責任みたな感じがするわけですよ。

お金払って食べてるのに選んだ自分が悪いみたいに感じるのが何だかイヤなんですよね。

そんなことはどうでもいいんですが、肝心のラーメン

注文したのはあくまでベーシックに豚骨魚介のあっさり。これが基本でしょ。

それの田舎正油らーめん。

あれ?

田舎ってどういう意味?

田舎風のラーメンってこと?

どんなラーメンが田舎風なの?良く使われる田舎風の定義ってなんだろうね?

それとも旭川が田舎っこと?確かに都会ではないけど、改めて文字にされるとちょっと面白くないね。

B03

なんて心の中で文句を言いながらも食べけど、味はちゃんとおいしいわけで

B04

これなら、今度は豚骨じゃがいものスペシャルスープも食べてみたいと思ってしまったり

そもそも、店名をネタにしてブログ書いちゃってる時点で

まんまとお店の作戦に乗っかちゃってるわけで

ちきしょ~すっかりやられたね。

関連ランキング:ラーメン | 南永山駅東旭川駅

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

↑ランキングぽちっと応援お願いします。


« また行っちゃった「定食・喫茶まるいち亭」。今度はまるいち弁当 | トップページ | 「北のそば和佳亭」のそば定食 »

ラーメン(旭川)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/56165502

この記事へのトラックバック一覧です: 「バオバブの木にバナナがなった」って名前のラーメン屋:

« また行っちゃった「定食・喫茶まるいち亭」。今度はまるいち弁当 | トップページ | 「北のそば和佳亭」のそば定食 »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.