« 旭川のおいしいものを集めてパーティ | トップページ | ペーパンの「アトリエharemi」でおむすび販売開始。学校給食の勉強会もアトリエharemiで開きます。 »

佐々木十美さんと「おでん まき」。そして旭川の学校給食を考える。

佐々木十美さんが講演会で旭川に来られていて

夜にまたご一緒させていただきました。

場所は”おでん まき”


O1

カウンターで横に座らせていただき、学校給食についてお話を伺い

アドバイスをいただきました。


O2


自分は2年間、旭川市の食育推進会議に公募で委員となっていました。

その最初の会議の時、横の席に座ったある農業法人の代表者の方に

「この会議でいくら意見を言っても何もかわらないから無駄な時間だ」的なことを言われました。

その食育推進会議委員の2年間の任期が終わり思ったのは

それぞれの委員が旭川の食についてそれほど知識を持ちあわせていないんじゃないかということ

たしかに食に関係する各団体を代表して出てきている委員なので

その団体に関わることは詳しいかもしれませんが

会議ででる質問や意見を聞く限り、必ずしも食育について幅広い知識があるとは言えないと感じました。

だから意見や要望を言っても具体性がない。

意見を言っても無駄なのではなく、可能性のある具体的な意見を言ってなかったのではないかと。


佐々木十美さんに影響されたこともあるのですが

食育推進会議で旭川市の学校給食の状況が少しわかり

また自分が3人の子供の親であることから、

佐々木十美さんの置戸町の学校給食までにはならないまでも

旭川の学校給食が地元の安全な食材をたくさん使って

子供たちがおいしいと喜ぶ給食になればいいと思っています。

それには、自分たちがまずはしっかりと旭川の学校給食の現状を調べ知識を持つことが必要だと感じました。

そうして言っても無駄と最初から諦めずに、

たとえ小さな事でも実現の可能性のあることから

根気強く要望していけば何か変わるのではないでしょうか。

まずは学校給食の勉強会を開こうと思います。

細かいこと、面倒くさいことは無しにして楽しみながら学校給食について皆で意見を交換する会を作ります。

是非、お子さんのいるお母さんに限らず多くの人に参加していただきたいと思います。

勉強会を始めることについては佐々木十美さんにもアトリエharemiの高倉晴美さんにも

旭川大学短期大学部の豊島琴恵教授にも相談し協力をお願いしました。

出来ない変わらないと不満を言うより、出来る方法を一緒に考えましょう。

これから最初の集まりの日程や場所を決めますが、

気軽な気持ちで参加してください。お茶でも飲みながらワイワイとやりませんか。

人気ブログランキングへ

濃厚&上品な味わい!『ベイクドチーズケーキ』

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

↑ランキングぽちっと応援お願いします。


« 旭川のおいしいものを集めてパーティ | トップページ | ペーパンの「アトリエharemi」でおむすび販売開始。学校給食の勉強会もアトリエharemiで開きます。 »

食の道場 とらの穴」カテゴリの記事

コメント

とらきちさん、おはようございます^^。

私は子供が居ないので今市内の給食がどうなっているか全く分からない状況ですが、
これからの子供達に「地元ではこう言う美味しい物があるよ」と理解してもらえる為にも
意義のある事だと思います。

米粉パンが市内の給食に出た時にこれで1歩進んだかななんて思いましたし。

意見交換する中で具体的に実現出来る事、きっとあると思います。
小さな事でもいいからちょっとずつですね^^。

トラキチさん先日はご一緒できたのに全然お話もできなく残念でした。
給食を考える。
すごく良い提案ですね!!これから学校給食世代になる子供のいる母としても
是非、一緒に参加させていただきたいと思います。

先日はお疲れ様でした
市外からでも参加可能でしょうか?
我が家も子供はいませんが大変興味ある内容です
お茶なら心配ありません(笑)

さゆっぽも、ここ数年で食の安全とか大事さとか学ぶ機会が増えて、いかに次の世代に引き継いでくか考えてたんだよね~
そんな中で、十美さんは目からうろこのビックリウーマンだった!
さゆっぽ娘が「給食が美味しくない」って言った意味もわかった気がした!!

何も変わらないかもしれないけど、何かやらないと絶対変わる事は無いもんね~
だから、大賛成!!だけど・・・・・
さゆっぽの周りのママ友さん、そこまで食を重要に考えてない人多いの!!
「別にそれでいいし・・・」って言われたわ・・・・
だから、そういうの誘ったら(如何わしい勧誘か何か?)ぐらいに引かれるのが困りもの・・・(涙)

でも、負けないよ~

先日は、お疲れ様でした~
お腹ペコぺコだったよね

私も給食には関係ないけれど
ぜひ、話を聞きたいです

>すまいる。さん

いつもコメントありがとうございます。
考え方は色々あると思いますが、自分はコメ粉パンが学校給食に導入されたことで、旭川の学校給食に疑問を持ったのです。コメの消費を増やすならコメ粉のパンではなく、完全米飯給食にしたほうが、よりお米を使用できるし、和食中心の伝統的な食事ににも合わせやすい。それより何より農家の方たちだって、できれば普通にご飯として食べて欲しいと言ってたのを聞いています。米どころのこの上川でなぜコメ粉を使っているとは言えパンなのでしょうか。そんなことも考えていきたいと思っています。

>梅ちゃん

ありがとうございます。
月1ペースぐらいでお茶を飲みながら楽しく進めていこうと考えてます。
旭川の学校給食が食料基地北海道にふさわしい給食になるといいと思ってるんです。
ご協力おねがいします。

>sinoさん

旭川市民でなくても大歓迎です。給食を含めた食育も地産地消も旭川市だけの課題ではないですからね。
学校給食だけでなく自分たちの食を見つめなおすきっかけにもなればと思っています。

>さゆっぽさん

同じような考え、思いでない人を誘っても難しいと思います。
まずは、食に興味を持っているブロ友さんから仲間を増やしていきましょう。
たとえ行政が変わらなくても、自分たちの思いは変わるはず。
けっして無駄にはならないと自分に言い聞かせて活動を始めようと決めました。
ご協力お願いします。さゆっぽのパワーに期待してますからね(笑)

>JJさん

JJさんが参加してくれるなんてうれしいな。
給食のことを中心に勉強会を開きますが、たぶんテーマは地産地消や食の安全などの分野まで広がると思うのです。ワイワイと進めましょう。

とらきちさま
お世話になります。ここりんです。初めてコメントさせていただきます。
学校給食の記事、大変興味深く拝見しました。
私事ですが、長男が来年から、、4年後長女が、学校給食を口にすることになります。
『好き嫌いせず、たくさん食べてくれれば』と、そのくらいにしか考えていませんでした。
昼御飯だけで考えると、断然学校で食べる回数の方が多いわけですから、
『給食は不味くてしょうがない』と今からあきらめている場合じゃないと感じました。
現状も、知識も何もない状態ですが、これからは関心を持っていこうと思っています。

>ここりんさん

自分も3人の子供の親として学校給食に関心を持ちました。
小学校と中学校合わせて9年間も食べる給食、子供が喜ぶメニューではなく大人として子供に食べさせなきゃならないメニューが本当だと思うのです。
是非、時間が合えば勉強会にもご参加ください。

私が食に感心をもてたのは置戸町の佐々木さんのお陰です。
給食だけど栄養価よりも箸の持ち方、お茶碗と味噌汁の置き方、
魚は骨付きのまま、美味しいものなら子供はたべる。
子供に媚びた食事は出さない。シツケをキチンと大人が指導していれば
食育などいらない!と言う。栄養士としては異端者ですが、だから
こそ今の置戸町給食センターがある。
旭川の学校給食も美味しい給食を目指して欲しい。
その前にシツケも重要!給食を食べる小学生を見てその子の
家庭が見えるの。面白いくらい。
どんな風になっていくか楽しみだね!

気持ち的にはもちろんコメで食べてほしいと思うけど、現実は高齢化社会や、食生活の多様化で米の消費は増えないし、米消費拡大の取り組みもなかなかうまくいかず、苦肉の策として米粉が登場してきたわけで。給食はその街の政策なんかも考える縮図かもしれないね。

>haremiさん

十美さんの子供に媚びた食事を出さないという言葉に強く共感を持ちました。
まだ経験の浅い子供の好みに合わせることなく、自分たち大人が子供にとってなにが必要かをしっかりと考える必要があるのですね。
haremiさんと十美さんの力をお借りしながら、少しでも前進できたらいいと思っています。
少しづつ少しづつかもしれませんが先ずは1歩。

>エビちゃん

その苦肉の策が学校給食に利用されていることに違和感があります。
国が政策で米粉を普及しようとしていても、
子供たちの将来を考えて、本当に学校給食にコメ粉パンの導入が良いことなのか
旭川市がキチンと検討し判断して欲しかったと思います。

はじめまして。子育ては終了してしまった者です。子供たちが給食にお世話になっていた頃は学校から配布されるプリントだけが情報源でした。長女が実習で出身校にお世話になった時に学校給食の現状と残菜の多さに驚きました。交通手段の関係で皆さんとお話することはできませんが未来ある子供たちのためにこの会が長く続き実りあるものになりますよう応援したいと思っています。

>ししまるさん

コメントありがとうございます。
娘さんが学校給食に関わられておられたんですね。興味深いお話です。これから現場の状況についても調べることができればと思っております。今回はアトリエharemiさんの所をお借りしますが、もっと参加していただける人数が増えれば、違う場所での開催も検討しなければなりません。いつかお会いできる日を楽しみにしております。

とらきちさん、こんばんは。
先ほどNHKのローカル番組で佐々木十美さんのドキュメンタリーを放送していましたよ。
僕は途中から見たのですが、以前「仕事の流儀」で放送していた内容に後日談を加えた
ものだと思いますが、良かったですよ。

置戸町の給食は食べたこと無いのでわかりませんが、他の自治体の給食とはかなり違う
給食だと思います(味まで想像できそうなくらいです)。
「エジプトはナイルの賜物」と言いますが、置戸町の給食は佐々木十美さんの賜物だと
思いましたね。

とらきちさん個人の利益に結びつくためだけの活動だと誰も賛成してくれる人はいない
けど、公共のために奉仕する活動だからこそ賛同者がいるのだと思いますし、そういう
姿勢はとても尊いと思います。ぜひとも頑張ってください。応援しています!

>はせぴょんさん

すっかり忘れていてNHK見逃してしまいました。
街の大きさによって出来ることは違うかもしれませんが、旭川として最大限の子供たちのよって良い学校給食になればいいんですけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/54431613

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木十美さんと「おでん まき」。そして旭川の学校給食を考える。:

« 旭川のおいしいものを集めてパーティ | トップページ | ペーパンの「アトリエharemi」でおむすび販売開始。学校給食の勉強会もアトリエharemiで開きます。 »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.