« 「Cafe 花みずき」のトマトチキンカレー | トップページ | 一人飲みふらふら »

日清「北の太麺堂々」シリーズ

以前、記事にした日清の「北の焼きそば」シリーズに

まだ”函館いかめし風しょうゆ味”と”焼きとうきび風しょうゆ味”があるとの情報で

スーパーなどで探しているがなかなか見つからない。

ところが、またまた日清で北海道限定のこんなものが出てるじゃないですか。

K1

北の太麺堂々醤油豚骨。

もちろん北海道限定

K2

一般的にラーメンの太さは

・極細・細・中細・中太・太・極太と区分されるが(業界では何番って番号を使います)

その太さによってかなり食感が違います。

太麺

食べ応えが抜群。茹で上がりが遅いが、その分のびにくい。スープに触れる面積が細麺より小さいので、スープを拾いにくい。スープを拾いにくく、麺の個性が強いので、
繊細なスープとは合わないことが多い。こってりラーメンや、つけめんと相性が良い。

細麺

茹で上がりが早く、のびやすい。広い面積でスープと接するので、よくスープを拾ってくれる。食べ応えは少々弱めだが、硬めに茹でることで、食べ応えを強く出来る。スープとよく絡むので、太麺よりもスープも活かしてくれる。

K3

麺はこのほかに加水率やストレートか縮れ麺かでも大きく違いがでるのですが

子供の頃から親しんでいる旭川ラーメン

低加水率の中太縮れ麺といわれる麺に慣れていると

違う麺のラーメンを食べるとかなり違和感を感じるわけで

特にこの太麺は好き嫌いが大きく分かれるんじゃないかな。

ちなみに豚骨醤油の他に

K4 K5

熟成味噌

K6

そして室蘭カレーラーメンの会監修の

K7

室蘭カレーラーメン味もあります。

K8K9

もちろん3種類をいっぺんに食べたわけじゃないですよ。

分けて記事にするほどのものでもないと思ったのでまとめてUPしてみました。

人気ブログランキングへ

創業六十年のお茶屋が作った「元祖 緑茶石けん」

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

↑ランキングぽちっと応援お願いします。

foodtorakichiをフォローしましょう

« 「Cafe 花みずき」のトマトチキンカレー | トップページ | 一人飲みふらふら »

インスタント・カップ麺」カテゴリの記事

コメント

私の住む地域のラーメンはほとんどが「極太麺」・・・多分「大勝軒」の影響かとも思うのですが、「太い」「しょっぱい」「油くどい」の3拍子が揃った感じの店が多いです。
日清が何で北の太麺なんでしょうね??すぐに消えちゃうかな??

>茂蔵さん

たぶんすぐ無くなってしまうと思って急いで買いました。
なぜこれが北海道限定なのかどうもわかりません。
少なくとも旭川ラーメンで育った旭川人には向かないんじゃないかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/53184224

この記事へのトラックバック一覧です: 日清「北の太麺堂々」シリーズ:

« 「Cafe 花みずき」のトマトチキンカレー | トップページ | 一人飲みふらふら »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.