« 「そば処 千金」のもりそば | トップページ | 「旭川食堂」の旭川しょうゆ焼きそば »

「手打ちそば 一福」のもりそば

事情により、そばの食べ歩きを始めて数軒

蕎麦通の方には申し訳ないが

どうもラーメンの食べ歩きのようなワクワクするような楽しみが感じられない

どうしてなのかと考えてみるに

蕎麦にはラーメンのような多様性が無いからじゃないかと

ラーメンはそのスープからして豚骨ベースか鶏がらベースか

味も醤油・塩・味噌、カレーやトマトまである。

そして具もチャーシュー・メンマ・ネギなどベーシックなものから

煮玉子・海苔・キクラゲ・野菜から

挙句の果てには蟹がまるごとなんて、ある意味下品なものまである。

そして麺も地域によってお店によって太さ、縮れ具合、加水率が違う

もちろん蕎麦にも温かいの冷たいの

たぬきや天ぷら、月見、カレーなどあるし、麺だってそれぞれ違うのはわかるけど

例えば基本的なメニューの正油ラーメンを食べ比べた時の違いの大きさと

もりそば又はかけそばを食べ比べたときの違いの大きさを比較すると

どうしてもラーメンの方が個々のお店の違いが味も見た目も大きく出ると思うわけで

その辺がブログを書く立場としては、

ラーメンの食べ歩きのほうが楽しいと思う理由のような気がする。

まあ、これは元々がラーメン好きの人間の単なる個人的感想ですから

これを読んだ蕎麦通の人はお気を悪くなさらぬようにお願いします。

(蕎麦通の人はラーメン通以上にこだわりが強くて、こんなこと書いたらお叱りのコメントが入りそうだが、蕎麦が嫌いと言っているわけではなく、あくまでブログとして食べ歩くにはラーメンの方が楽しいということです。蕎麦とラーメンがどちらが上かなんてこと比較するともりもないし、その歴史や伝統が大きく違うことは十分認識してますからね。もし批判・反論コメントが入ってもバッサリ削除させていただきますのでご了承ください)

さて、前置きが長くなったが今日もお昼は蕎麦

吹雪いている中、歩いて行ってきました

I1

看板には”道産粉””手打ち”とシッカリと書かれています。

I2

カウンターに席を取り、こんな吹雪の中歩いてきたので温かいのに行きたいところだけど

I3

もりそば。

I4

しっかりとコシを感じられる麺。こりゃ日本酒と一緒にやりたいところ

今度は飲んだ〆に来たいもんですな。

(最近は年のせいか〆のラーメンの気持ちになれないのです。)

関連ランキング:そば(蕎麦) | 旭川駅

人気ブログランキングへ

創業六十年のお茶屋が作った「元祖 緑茶石けん」

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

↑ランキングぽちっと応援お願いします。

foodtorakichiをフォローしましょう

« 「そば処 千金」のもりそば | トップページ | 「旭川食堂」の旭川しょうゆ焼きそば »

ソバ・うどん」カテゴリの記事

コメント

とらきちさん、体の調子はいかがでしょうか?

私も今はダイエットの身。カロリーの低いものばかり食べています。

確かにラーメンを食べに行くときはウキウキしますが、何故か蕎麦はね  ?

でも、この前、江丹別で蕎麦打しました。元蕎麦屋の店主が教えてくれましたが、とても

シンプルにわかりやすくおしえてくれました。自分で打った蕎麦は美味しかったし「これ

もありだな!」と思いましたよ。こんど蕎麦打ちいきませんか

閉店時間早いから、飲んだ後には無理かも~coldsweats02

>キセキさん

以前3度程蕎麦打ちを習いに行きました。
忙しくてその後行けないのですが、自分で打つとヘタでもおいしく感じますよね。
毎週土曜日に蕎麦打ち教えてくれますよ。

>翔さん

あれ?閉店時間確認しなかったけど早いの?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/53305667

この記事へのトラックバック一覧です: 「手打ちそば 一福」のもりそば:

« 「そば処 千金」のもりそば | トップページ | 「旭川食堂」の旭川しょうゆ焼きそば »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.