« 11月2日の「食の道場 とらの穴」 | トップページ | 「そば庵 六良(むら)」の六良セット »

協和の里のもち工房「愛ふくふく」

愛別町の市街地から愛別ダムに向かう途中にある「協和の里のもち工房 愛ふくふく

A1

愛別町特産のきのこなども販売していますが

A2

愛別町で育てられたもち米「はくちょうもち」を杵でついた手作りもちの直売所

A3

そして、この日の目的はあんもち

A4

さすがに平日だとあまり並んでいないです。

残念ながら”よもぎ”は無かったのですが、

”白””発芽玄米””豆””発芽玄米かぼちゃあん”を1個づつ購入

A5

これを熱燗と一緒に頂きます。

まずは発芽玄米のかぼちゃあん

A6

あっさりとしたかぼちゃあんが発芽玄米の餅と良くあってます。

個人的には発芽玄米は小豆あんよりこのかぼちゃあんの方がおいしく感じました。

A7

日本酒のあてに大福餅。

お酒も餅もお米から作られているわけで、しっかりお米を消費してます。

全部柔らかくておいしいうちに食べたかったのですが

あえて翌日どのくらい硬くなるのか確かめるために”豆大福”を残しました。

トレハロースやアミラーゼを加えていない昔ながらの作り方なら

翌日にはカチカチになるのが当たり前

A8

う~ん・・・硬い。

この硬くなった大福餅をストーブの上で焼いて食べるっていうのも

これからの季節、北海道ならではの楽しみでもあったりするんだよね。

関連ランキング:和菓子 | 上川

人気ブログランキングへ

創業六十年のお茶屋が作った「元祖 緑茶石けん」

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

↑ランキングぽちっと応援お願いします。

foodtorakichiをフォローしましょう

« 11月2日の「食の道場 とらの穴」 | トップページ | 「そば庵 六良(むら)」の六良セット »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/53126691

この記事へのトラックバック一覧です: 協和の里のもち工房「愛ふくふく」:

« 11月2日の「食の道場 とらの穴」 | トップページ | 「そば庵 六良(むら)」の六良セット »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.