« 「じゃずそば放哉」のエビとじ丼 | トップページ | ”あさっぴー”苦戦中!みんなで応援してあげて! »

「粉もんず 旭川昭和酒場」にラーメン登場

昼につけ麺を出しているとフリーペーパーの広告を見てやってきた。

K1

じつは目的はつけ麺ではなく

K2

「旭川しょうゆ焼きそば」

K3

以前、「旭川oh!ピンチョス」の時に一口二口食べたけど

その後、どう進化したかの確認をしにきたわけだけど

あら~残念。「旭川しょうゆ焼きそば」は昼間は出してないとのこと。

K4

昼はつけ麺と温かいラーメン

K5

ここは、まず基本の温かいラーメンの”こってり正油そば 630円”を注文

K6

麺は加藤ラーメン。

K7

しばらく食べ進めていたら、お店の人が

「すいません!ネギを添え忘れました」って持ってきた。

K8

後から来た、このお店の社長に聞いたら

温かいラーメンはまだメニューにして10日程って言っていたから

まあ、慣れてないとこんなこともあるよね。

社長は確か元々は関西の人

だからメニューもラーメンじゃなくてそばになってる。

”粉もんず”という焼き物のお店をやっているが、昔からラーメンをやりたかったそう。

そして、京都の”横綱”や”天下一品”のラーメンを目指しているとのこと。

京都ラーメンをWikipediaで調べると

スープにはあっさり系と背脂醤油系

そして

こってり系
鶏ガラがドロドロになるまで煮込んで作る、とろみの強い白湯スープ。発祥店は各説あり、定かではない。山科の東洋(閉店)、京都駅近くで営業していた屋台御池ラーメン(現在の御池ラーメンさまたとは別の店)とする説もあり、その詳細は定かではない。名門、悟空、天天有、横綱などがこの系統に属する。また、天下一品(こってり)はこの系統の発展系と考えられる。

そのスープがうまく旭川ラーメンの麺と調和している。

ラーメンは旭川のつけ麺は東京の有名店で指導を受けてきたとのことだが

もっともっとおいしいものを目指して

「最低10年はラーメンを続けるからね」って張り切っていた。

今でもかなりうまいラーメン。この先がかなり楽しみです。

関連ランキング:串揚げ | 旭川駅

ラーメン(旭川・旭川近郊)過去記事

人気ブログランキングへ

創業六十年のお茶屋が作った「元祖 緑茶石けん」

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

↑ランキングぽちっと応援お願いします。

foodtorakichiをフォローしましょう

« 「じゃずそば放哉」のエビとじ丼 | トップページ | ”あさっぴー”苦戦中!みんなで応援してあげて! »

ラーメン(旭川)」カテゴリの記事

コメント

とらきちさん。こんにちわ。
いつもしょうゆ焼きそばの応援ありがとうございます。
前回の旭川食堂に続き,今回も本命をのがしてしまいましたね。
現在の粉もんずは,お昼に食べられるのは豊岡本店のみとなっております。
私としては,粉もんずと旭川食堂は同じく鉄板で提供されるスタイルなのですが,両店とも焼きがしっかりしていてきちんとした焼きそばが提供されています。
いつもとらきちさんご指摘の具材の産地表示もそうですしね。(※粉もんずはサービスする際に店長が直接説明してくれる筈)
私も10月は非常に忙しかったのですが,ようやくひと段落つきました。
これから焼きそばの会の部会活動を開始です。
引き続きご協力をよろしくお願いします。

粉もんず 一条昭和通り店
素敵なラーメン おいしそうです

>riviere1104

旭川食堂も鉄板で焼いているのですね。それは楽しみです。
実は先日も旭川食堂に行ったら今度は定休日でした(^-^;
どうも旭川食堂とは相性が悪いみたいです。

> ryuji_s1

コメント&訪問ありがとうございます。
なかなかおいしいラーメンでしたよ。これからの進化が楽しみです^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530719/53095564

この記事へのトラックバック一覧です: 「粉もんず 旭川昭和酒場」にラーメン登場:

« 「じゃずそば放哉」のエビとじ丼 | トップページ | ”あさっぴー”苦戦中!みんなで応援してあげて! »

楽天市場


無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

札幌レンタリース

ガイドブックス北海道

  • ガイドブックス北海道

ヨンナナch.